入院の準備・当日

入院の手続き

入院当日は、患者様の病状に詳しい方が付き添いの上、窓口までご来院下さい。 生活保護を受給されている方は、福祉事務所のソーシャルワーカーのご同行をお願い致します。無理な場合には、電話にて当院の地域連携室にご相談下さい。

入院の準備

手続きに必要なもの

①健康保険証、その他医療証(限度額認定証、労災、老人医療及び各種公費助成の受給者証・医療券・証明書等)

②印鑑(シャチハタ不可)

③保証金

後期高齢100,000円
国保・社保・家族150,000円
自費入院200,000円
生活保護0円

④日用品費

30,000円を限度にお預かり致します。患者様の日用品、散髪代、飲み物等の購入に充てさせていただきます。残金が少なくなった場合は、補充をお願い致します。

※保証金・小遣い残金は、退院時にお返しいたします。その際には保証金の預り証(赤い字の預り証)をご持参ください

入院生活で必要なお持ち物

洗面用具歯ブラシ・歯磨き粉・ひげ剃り等の洗面用具 洗面器・ボディーシャンプー・シャンプー・アカスリ等
コップコップ(プラスチック製・ふた付)2つ
タオルフェイスタオル3枚、バスタオル3枚
履物内履き(サンダルや介護シューズ)・外履き(運動靴など)
衣類ジャージ(上下3~4枚)下着(パンツ5~6枚、シャツ3~5枚)ベルト、ひも付きの服はお避けください
電気シェーバー充電式、電池式どちらでも可(男性のみ)
その他生理用品、ティッシュペーパーなど

衣類・タオル類については、以下のものがあります。詳細はケースワーカーにご相談下さい。

①業者からリース品を使用する(洗濯不要)

②私物を使用し、外部洗濯に出す。

③私物を使用し、病棟内のコインランドリーで患者様ご自身で洗濯して頂く。

!注意事項:電化製品(携帯電話、CDプレーヤー等)の持ち込みは事前に主治医の許可が必要になります。ドライヤーは必要時、病棟管理のものをお貸しします。

お持ち込み出来ない物

刃物類ナイフ、カミソリ、はさみ、針など
火気類マッチ、ライターなど
酒類アルコール類などは持ち込み出来ません
ガラス製品ビン、陶器、鏡など
ベルト主治医の許可が必要

!注意事項:医師の指示や品物によりナースステーションでお預かりする場合もありますのでご了承ください。

関連ページ