入院の準備・当日

入院の手続き

入院当日は、患者様の病状に詳しい方が付き添いの上、窓口までご来院下さい。
生活保護を受給されている方は、福祉事務所のソーシャルワーカーのご同行をお願い致します。無理な場合には、電話にて当院の地域連携室にご相談下さい。

入院の準備

手続きに必要なもの

①健康保険証
必ず原本をお持ちください。原本がない場合はご相談ください。

②限度額認定証
お持ちでない方はご相談ください。

③お薬手帳
お持ちでない方はご相談ください。

④印鑑(シャチハタ不可)
入院の契約に必要となります。

⑤保証金
以下から該当する金額を現金でご用意ください。
一般:15万円  後期高齢:10万円  自費入院:20万円
退院時にお返しいたしますので、預かり証は大切に保管ください。
※生活保護の方の保証金は不要となります。

⑥お小遣い
日用品などの購入のために、2〜3万円程度をご用意ください。
なお、自己管理が難しい場合は医事課にてお預かりしますが、一日当たり100円の管理費を頂戴いたします。

⑦診療情報提供書
すでにFAXいただいている場合でも、必ず原本をお持ちください。

⑧看護サマリー(ADL表)
すでにFAXいただいている場合でも、必ず原本をお持ちください。

※「診療情報提供書」および「看護サマリー(ADL表)」は『紹介状』に同封されている場合もあります。

⑨入院中の日用品
詳細は下記『入院生活で必要なお持ち物』をご参照ください。

入院生活で必要なお持ち物

<日用品>
プラスチック製のコップ(ふた有り)2個 うがい用と食事用と分けています。
歯ブラシ・歯磨き粉 入れ歯洗浄剤などの口腔衛生用品
ボディソープ・シャンプー・リンス 固形石鹸は不可。ポンプタイプでも可
あかすりタオル・洗面器またはかご 泡立ちが良いタオル(スポンジでも可)
ボックスティッシュ1箱
院内履き(リハビリシューズなど) サンダルやスリッパ可、クロックスは不可
外履き(運動靴など) ヒモ靴は不可
電気シェーバー  ※男性のみ T字カミソリは不可
生理用品   ※女性のみ


<衣類>
タオル・バスタオル 各3枚程度 タオルは、フェイスタオルでも可
普段着 3組程度 パーカーやズボンのヒモは外してください。
ベルトの持ち込みもできません。
下着(シャツ・パンツ) 各3〜5枚程度

※衣類は、患者様ご自身で院内ランドリー(洗濯乾燥1回300円)にて洗濯いただくか、ご家族の方にお持ち帰りいただいております。
また、リース品のご契約も可能です。詳細はお問い合わせください。
【一日あたりのリース料金(参考)】 一般:886円  生保:400円



<オムツ・リハビリパンツ>

オムツおよびリハビリパンツのお持ち込みはお断りしております。
オムツは、ご利用枚数の実費を毎月の入院費と併せてお支払いただきます。
リハビリパンツは、当院売店でもご購入いただけます。


お持ち込み出来ない物

紐類 ベルト・ズボンなどの腰紐、靴紐などは外してください。
刃物類 ナイフ、カミソリ、はさみ、針など
火気類 マッチ、ライター
割れ物 ビンなどのガラス類、陶器、鏡など
酒類

※主治医の指示によりお預かりさせていただく物もございます。

※貴重品の持ち込みは、原則不可となります。
持ち込んだ場合の紛失などに関しましては自己責任となりますのでご了承ください。

※お小遣いを事務所に預ける場合は、管理費として1日あたり100円頂戴いたします。

関連ページ