看護研究「患者の自己決定権に関する倫理カンファレンス内容の検証~ガイドライン作成に向けて~」へのご協力のお願い

当院において、2016年11月~2019年6月に開催された各病棟での倫理カンファレンスに参加された方々へ
上記期間の倫理カンファレンス議事録を検証する看護研究を行います。議事録などの情報のみを用いて行う研究については、国が定めた倫理指針に基づき必ずしも対象となる方、お一人ずつから直接同意を得るとはかぎりませんが、研究の目的を含めて、研究の実施についての情報を通知又は公開し、さらに可能な限り拒否の機会を保障することが必要とされています。(これをオプトアウトと言います)
今回の研究では特に【患者の自己決定権】に関する倫理カンファレンスに焦点を当て議事録の分析を行います。そして倫理カンファレンスの運営の為のガイドラインを作成する予定です。上記の期間、各病棟において勤務され倫理カンファレンスへ参加された方々(退職者含む)及び、参加されたご家族様で、研究への協力を希望されない場合は、お手数ですが7月末日迄に、研究代表者・鵜飼までご連絡をいただきますよう、よろしくお願い致します。

1.研究目的
本研究は、3年間の倫理カンファレンスの議事録の中から【患者の自己決定権】に関する内容に焦点を当て、倫理カンファレンスの形式や参加者、ファシリテーターの役割、結論の見出し方を検証し、ガイドライン作成に向けて倫理カンファレンスの特性を明らかにすることを目的とします。

2.研究協力の任意性と撤回の自由
この研究への協力は、あなたの自由意思によるものです。協力しない場合でも不利益を受けることは一切ありません。

3.個人情報の保護
本研究によって得られた結果は、慎重に取り扱い保管します。いかなる場合も個人が特定されないよう十分に配慮します。

4.研究方法
本研究の研究協力者は、倫理カンファレンス議事録に記載された参加者です。データは2016年11月~2019年6月の議事録とします。データ分析方法は、各病棟における倫理カンファレンスの内容について質的内容分析を行います。特に【患者の自己決定権】についての内容に焦点を当て、テーマごとに形式、参加者、ファシリテーター、結論の出し方に分類し、倫理カンファレンスの特性を分析します。

5.研究結果の公表
 本研究の要旨を精神保健看護の関連学会で発表することや、関連学会誌へ論文投稿すること等を予定しています。 

6.研究代表者・連絡先 こころのホスピタル町田E1病棟師長 鵜飼 由加里
電話042-797-0957 (音声案内が流れます。9番を選択した後E1病棟までとお伝え下さい) 
E-mail e1@kokoro-hospital.jp 

投稿日:2020年7月7日|カテゴリ:患者様へ