理学療法室

理学療法室では理学療法士が、脳血管疾患や骨折後などの整形疾患、及び内科疾患(佩用症候群)などの精神疾患を伴った患者様に対して、主治医の指示のもと1対1での個別訓練を実施しております。 理学療法室は、広々としており、訓練に必要な器具、設備を備えております。理学療法をご希望される方は主治医にご相談してください。

特色・方針

移動・身の回りの動作などの障害に対して、失われた機能の回復を促すとともに、患者さまがどのような生活を過ごしたいかに注目し、社会復帰が出来るように援助しております。

活動内容

患者様の身体状況に合わせて、個々のプログラムを作成して、廃用予防訓練や基本動作訓練、歩行訓練などを理学療法室や病棟、屋外などで行っております。

廃用症候群予防訓練

ケガや病気が原因で寝たままの状態が続くことによって、筋力が弱まり、関節が固くなる等の心身の機能低下を「廃用症候群」と呼びます。 廃用症候群の予防には、日頃行う運動が有効ですので、患者様と定期的に運動を行っております。

基本動作訓練

日常で行う基本動作の回復や障害の予防を目的としています。 寝起き、起き上がり、ベット上の移動、座る、立ち上がるなどの動作や、車いす、歩行の移動など日常生活に必要な動作を生活背景を想定しながら、患者さまにあった方法で練習を行っております。

歩行訓練

ご自身で歩けるということを目標に、おひとりでは歩行が困難な時期から訓練を行います。 歩行の準備訓練を行い、歩行訓練は、平行棒内歩行訓練、平地歩行訓練、階段昇降訓練と進めていきます。

関連ページ